自己破産で失うものとは?

クレジットカード、消費者金融などで多額の借金を背負い、返済が難しくなった方が考えるのが、自己破産です。

自己破産は、傍目には非常に楽な制度に見えますが、実際にはそんな甘い制度ではありません。

自己破産の手続きをされた場合には、それ相応のデメリットも発生するので

詳しく調べる/自己破産をお考えの方は|リセック

デメリットの一つに、現在、所有している財産を失ってしまうという点があります。

もし、自己破産を考えている方が、土地、マイホーム、別荘、車などを所有していれば、それらの財産は全て失うのです。

マイホームの住宅ローンがまだ残っている場合には、自己破産手続きを行った時点でそのマイホームの権利を放棄する事になり、住宅ローンの返済は必要なくなりますが、マイホーム自体をも手放すことになるのです。

また、これらのほかにも、99万円を超える現金や20万円を超える預貯金、20万円を上回る資産価値のある車、株券類、生命保険の解約返戻金なども差し押さえの対象となることを覚えておきましょう。