バイクと比較!原付のここが良い

バイクと原付を比較したとき、原付のメリットは数多くあります。まず、登録そのものについてですが、125ccを超えるものは原付の範囲を超えるため、登録する際は都道府県の軽自動車検査協会もしくは陸運局になります。登録の手続き自体は難しい書類ではありませんが、基本的に業者向けの手続きで一般人が手続きに頻繁に訪れることを想定していないため、施設の案内自体も聞けば教えてくれるものの手続きする人目線にはなっていません。その一方、原付は市区町村役場で登録することになります。大半の所では税務課で登録することが多いですが、検査協会と比べて解らない点や不明な点はしっかり丁寧に教えてくれることが多いです。また、2つ目は車検が必要無いことです。250ccを超えると登録は陸運局になり、2年に1回は車検を受ける必要があります。メンテナンスをしっかりしておけば問題はありませんが、重量税などの税金はかならず必要となり、維持するのにも余分なコストが必要です。原付は車検制度が無いため、維持自体に関するコストとしては毎年1回の軽自動車税以外に必要な物はありません。3点目のメリットとしては、自動車保険のオプションで保険を追加できることです。125㏄までの原付であれば、今契約している自動車保険にオプションで保険を追加できることがほとんどです。金額も別で契約するよりはるかに安いことが多いです。

コメントは受け付けていません。