‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

運転するなら絶対に守ろう

2015/04/22

車を運転するなら絶対に守らないといけないのは交通ルールです。
何故なら、ルールを守らないととても危ない思いをしてしまうからです。
近年ではよくスピードを出す人がいます。車の性能が良いので踏むとすぐにスピードが出ます。
スピードがでると言う事はそれだけ周りに注意を向けれなくなります。歩行者が突然出てくるかもしれません。
十字路では車も出てくるかもしれません。夜道になると車体の感覚やスピード感覚も昼間に比べると変わってきてしまします。
それで事故になってしまうケースも少なからず起きていると思います。
事故が起きた時に自分を助けてくれるのは、エアバックだけではありません。シートベルトを装着していることによって多くの人達は助かっているのです。仮にエアバックだけだと当たった衝撃は少しは吸収してくれるかもしれませんが、体は前に行ってしまいます。
警察もよくシートベルトやスピード違反の取り締まりをしているのは危険を未然に防ぐためなのです。
このようにルールを守って運転をすると言う事は自分を守り、家族を守り、周りの人を守るという事になります。
「まあ、いっか」の心はとっても危険な事なので、運転する時は守りごとはしっかり守るように気を付けることが大事なのです。

失敗しないための選び方

2015/04/22

原付は市区町村役場で名義変更できるため、気軽に購入できます。購入先としてもバイク屋さんを始め、ネットオークション、友達から譲ってもらうなどといったものがあります。気軽に買えるものかもしれませんが、選び方として注意しておく点が何点かあります。まず1つ目が車体の損傷程度です。スクーターはエンジンの性能が高いため、また機構もシンプルであることもあって余程のことが無い限りエンジン自体は動くものがほとんどです。そこだけ見るとエンジンがかかるから大丈夫。支障なく走行できると考えがちですが、実際にはハンドルのがたつき、タイヤの溝や劣化具合、ブレーキパッドやブレーキシューの減り具合といったものが走行するには重要になってきます。ネットの画像や文字では決して解らない部分であり、実際に試乗しないとわかりません。また、このような消耗品に不具合がある場合、全て自分で交換できる能力や工具、そして時間があり、それを楽しみにできるなら良いのですが、使う必要があるから買ったという場合なら、時価の余裕が無いため、バイク屋さんなどにメンテナンスを依頼することになるでしょう。他店持ち込みのバイクはバイク屋さんに断られることも多く、また工賃やパーツ費用もかなりかかることになります。見た目の金額が安いということで飛びつくと意外と消耗品の交換にお金が必要となるので注意することが求められます。

購入する際の流れ

2015/04/22

原付購入のおおまかな手順は、まず予め予算を決めて、新車と中古どちらを買うのか決めることをお勧めします。価格帯は、3万程度から20万程度です。10万円程の予算があるなら、新車も買うことができます。そして、新車または中古車店を調べて探します。このお店を探す作業が重要です。新車の場合は、メーカーごとの正規販売店で手に入れます。中古の場合は、自宅の近くのお店や、インターネットなど、お店は様々あります。次に、自分の希望に合ったものを選びます。そして、買う際は手続をします。その後、納車となります。
この手続は車の場合と比較すると、とても簡単です。まず、必要なものを用意します。印鑑と、身分証明書です。身分証明書は、運転免許証や健康保険証などです。そして、費用はどのような支払い方法か店側と決めます。本体価格とは別に諸経費がかかります。これは、お店によって金額が異なります。自賠責保険代と、ナンバー登録代がかかります。納車整備代と、配達代がかかる場合があります。
初心者のなれない人は、乗っている際に大抵初期に転倒を経験します。傷が付いたりするのが嫌な場合は、中古がお勧めです。機能に絶対的な信頼をおきたいならば新車が良いです。
購入手続は、時間や手間を省くために、お店の人に依頼することがほとんどです。

免許は簡単に取れます

2015/04/22

原付バイクの免許取得は簡単です。原付バイクは排気量が50ccまでのものです。16歳から取得することができます。コンタクトレンズや眼鏡を使用した場合においても0.5以上の視力は必要になります。そして、手足や腰に障がいが無いことが条件です。取得費用はとても安く数千円から数万円程度です。これは、他のものと比べると破格に安いのです。しかも、試験は1日で終わることがほとんどです。適性試験と学科試験、原付試験が行われます。適性試験は、特に視力が通常の機能を果たしているなら、比較的容易に合格することも可能です。学科試験は9割以上の正解率で合格します。交通規則などを扱った問題がでます。絵を用いた危険予測の問題も出る場合があります。学科試験は、十分に勉強することをお勧めします。問題集を何度も繰り返し解いていくと、問題に慣れることができます。合格率は、発表されていません。しかし、一夜漬けの勉強で受かる者も中にはいるので、難易度は低めです。しかし、このことで気を緩めずに試験に臨むことが大切です。学科試験に合格をすると、講習をうけることになります。学科講習と技能講習です。試験がないためにほぼ全員合格となります。

原付ではできないこともある?

2015/04/22

普段の買い物やビジネスマンの通勤など、原付は一般庶民の頼もしい相棒として親しまれています。道路交通法違反をしない限り、工夫次第で大容量の収納スペースを確保することが可能です。大抵の原付は燃費性能が良いため、遠出をするといった利用シーンでも役立ちます。しかし、可能性は無限大であると思われる原付にも、できないこともあります。たとえば、高速道路を走行することは認められていません。同じ車両の仲間として原付もハイウェイを疾走できると信じて疑わない方は、高速道路の入口を中止されることをおすすめします。原付の侵入が禁止されていることを示す標識が確認でき、高速道路の走行が認められていないことを認識できるからです。また、原付の車種によっては二人乗りが認められていません。確実に認められていないのは原付一種と呼ばれている種類で、普通自動車免許を取得していれば運転が認められています。原付の二種免許を所持していれば運転ができる車種でも、種類によっては二人乗りを想定していないものもあります。生活の足として大変便利である反面、高速道路の走行禁止や二人乗りができないといったように、原付にもできないこともあるというわけです。

手軽な価格と小回りがきくのがメリット

2015/04/22

原付バイクはスピードの制限がありますし、必ずしも走行性能が高い乗り物ではありませんが、サイズが小さく取扱いが容易に行えるので、初心者に適した乗り物として活用されています。
小回りが行い易いメリットがありますから、狭い場所を通る事が多いと役立ちますし、直線的な道路よりも曲がり角が多い土地に適しているので、目的や用途に応じた選択が大切です。
価格が安く最初のバイクとして購入する場合にも、入手性が高く安心して乗れますし、スピードや馬力が欲しい場合は次の段階にステップアップ出来ますから、運転を体で覚える方法として役立ちます。
手軽さが魅力の原付バイクなので、小さな傷やヘコミはバイク上達の勲章なので、失敗して覚える事が重要ですから、積極的に乗りこなす事に意味があります。
カスタマイズや性能の向上には限界がありますが、高級なバイクには無い魅力と楽しみ方がありますから、日常の足に活用する事が気軽に行えますし、時間の経過によって愛着がある乗り物に変化します。
荷物を運ぶ事や複数の人を乗せる事は出来ませんが、一人の移動用としては十分な能力があるので、自転車に乗れる技術があれば習得は難しくありませんし、本格的なバイクに挑戦する勇気がない場合の足掛かりになります。

最大のメリットは費用の安さ

2015/04/22

車やバイクを所有する場合は、購入費用の準備が必要ですが、維持費も無視できない要素なので、十分に検討して決める事が大切です。
原付バイクのメリットは様々ありますし、短所も兼ね備える乗り物ですが、最大の利点は維持費の安さですから、経済的な余裕がない学生にとって便利で実用的な乗り物です。
生活費を切り詰めて生活する学生にとっては、少しの出費も減らす理由がありますし、バイクを趣味として楽しみたい場合は原付が選択肢になるので、実用性を理由に選ぶ事が出来ます。
保管場所が制限されない事もメリットですし、小さい事が活かせるポイントですから、馬力が小さい事やスピードが出ない点はありますが、活用出来る部分を利用する事が必要です。
坂道には強くありませんし、重い荷物を積んで走る事は苦手ですが、直線的な道のりや細い通路に適しているので、小回りが利く事が役立つ乗り方です。
日常の買い物であれば荷物に対応出来ますから、必要な商品を買い出す場合に役立ちますし、日頃の足として活用可能なので、気軽に利用出来る点も魅力があります。
メンテナンスが容易な事で維持費が安いですし、購入から低い出費で乗り続けられる点が特徴であり最大のメリットになります。

車と比較!原付のここが良い

2015/04/22

原付のよいところはたくさんありますが、購入や維持にかかる費用が安いことは言うまでもありません。
一番のよいところは、だいたい10~20万円くらいかかる車検がないということです。
その次のよいところは、燃費がよいことです。原付はタンクが小さいためガソリンが4~5リットル程度しか入らないのですが、1リッターあたり60~70キロメートルくらいは走行可能ですので、月1回程度のガソリンの補充で済みます。
3つ目のよいところは、保険が安いということです。任意保険でだいたい年間6,000円程度で済みます。
4つ目のよいところは、運転免許を取得するための費用が安いということです。運転免許を取得するための試験は筆記試験だけで済み、費用も1回7,000円程度で済みます。免許の試験は管轄する自治体の定めにもよりますが、ほぼ毎週のように受験することが可能なので、他の区分と比較して計画が立てやすく、試験も簡単なため、試験対策にかかるさまざまなコストが抑えられます。
5つ目のよいところは、税金が安いということです。本体価格における税金の総額が小さいということと、購入してから払わなければならない税金は年間1,000円程度と格安なことです。

バイクと比較!原付のここが良い

2015/02/25

バイクと原付を比較したとき、原付のメリットは数多くあります。まず、登録そのものについてですが、125ccを超えるものは原付の範囲を超えるため、登録する際は都道府県の軽自動車検査協会もしくは陸運局になります。登録の手続き自体は難しい書類ではありませんが、基本的に業者向けの手続きで一般人が手続きに頻繁に訪れることを想定していないため、施設の案内自体も聞けば教えてくれるものの手続きする人目線にはなっていません。その一方、原付は市区町村役場で登録することになります。大半の所では税務課で登録することが多いですが、検査協会と比べて解らない点や不明な点はしっかり丁寧に教えてくれることが多いです。また、2つ目は車検が必要無いことです。250ccを超えると登録は陸運局になり、2年に1回は車検を受ける必要があります。メンテナンスをしっかりしておけば問題はありませんが、重量税などの税金はかならず必要となり、維持するのにも余分なコストが必要です。原付は車検制度が無いため、維持自体に関するコストとしては毎年1回の軽自動車税以外に必要な物はありません。3点目のメリットとしては、自動車保険のオプションで保険を追加できることです。125㏄までの原付であれば、今契約している自動車保険にオプションで保険を追加できることがほとんどです。金額も別で契約するよりはるかに安いことが多いです。