原付ではできないこともある?

普段の買い物やビジネスマンの通勤など、原付は一般庶民の頼もしい相棒として親しまれています。道路交通法違反をしない限り、工夫次第で大容量の収納スペースを確保することが可能です。大抵の原付は燃費性能が良いため、遠出をするといった利用シーンでも役立ちます。しかし、可能性は無限大であると思われる原付にも、できないこともあります。たとえば、高速道路を走行することは認められていません。同じ車両の仲間として原付もハイウェイを疾走できると信じて疑わない方は、高速道路の入口を中止されることをおすすめします。原付の侵入が禁止されていることを示す標識が確認でき、高速道路の走行が認められていないことを認識できるからです。また、原付の車種によっては二人乗りが認められていません。確実に認められていないのは原付一種と呼ばれている種類で、普通自動車免許を取得していれば運転が認められています。原付の二種免許を所持していれば運転ができる車種でも、種類によっては二人乗りを想定していないものもあります。生活の足として大変便利である反面、高速道路の走行禁止や二人乗りができないといったように、原付にもできないこともあるというわけです。

コメントは受け付けていません。