購入する際の流れ

原付購入のおおまかな手順は、まず予め予算を決めて、新車と中古どちらを買うのか決めることをお勧めします。価格帯は、3万程度から20万程度です。10万円程の予算があるなら、新車も買うことができます。そして、新車または中古車店を調べて探します。このお店を探す作業が重要です。新車の場合は、メーカーごとの正規販売店で手に入れます。中古の場合は、自宅の近くのお店や、インターネットなど、お店は様々あります。次に、自分の希望に合ったものを選びます。そして、買う際は手続をします。その後、納車となります。
この手続は車の場合と比較すると、とても簡単です。まず、必要なものを用意します。印鑑と、身分証明書です。身分証明書は、運転免許証や健康保険証などです。そして、費用はどのような支払い方法か店側と決めます。本体価格とは別に諸経費がかかります。これは、お店によって金額が異なります。自賠責保険代と、ナンバー登録代がかかります。納車整備代と、配達代がかかる場合があります。
初心者のなれない人は、乗っている際に大抵初期に転倒を経験します。傷が付いたりするのが嫌な場合は、中古がお勧めです。機能に絶対的な信頼をおきたいならば新車が良いです。
購入手続は、時間や手間を省くために、お店の人に依頼することがほとんどです。

コメントは受け付けていません。