運転するなら絶対に守ろう

車を運転するなら絶対に守らないといけないのは交通ルールです。
何故なら、ルールを守らないととても危ない思いをしてしまうからです。
近年ではよくスピードを出す人がいます。車の性能が良いので踏むとすぐにスピードが出ます。
スピードがでると言う事はそれだけ周りに注意を向けれなくなります。歩行者が突然出てくるかもしれません。
十字路では車も出てくるかもしれません。夜道になると車体の感覚やスピード感覚も昼間に比べると変わってきてしまします。
それで事故になってしまうケースも少なからず起きていると思います。
事故が起きた時に自分を助けてくれるのは、エアバックだけではありません。シートベルトを装着していることによって多くの人達は助かっているのです。仮にエアバックだけだと当たった衝撃は少しは吸収してくれるかもしれませんが、体は前に行ってしまいます。
警察もよくシートベルトやスピード違反の取り締まりをしているのは危険を未然に防ぐためなのです。
このようにルールを守って運転をすると言う事は自分を守り、家族を守り、周りの人を守るという事になります。
「まあ、いっか」の心はとっても危険な事なので、運転する時は守りごとはしっかり守るように気を付けることが大事なのです。

コメントは受け付けていません。